核兵器禁止条約が発効して初めての原爆の日を前にした世論調査で、「日本は条約に参加するべきだ」と考える人が71%を占めた。背を向け続ける日本政府に、被爆国の責務を自覚するよう求めた形だ。(1面参照)  政府は条約を拒否する米国と歩調を合わせている。