【平安名純代・米国特約記者】米国防総省が、泡消火剤に含まれる有機フッ素化合物PFASの危険性を認識しながら、省内の手続き上の問題で5年間も対策を怠り、その結果泡消火剤が使用され続けていたことが1日までに分かった。米連邦議員らは、対応の遅れが米兵らを危険にさらしたなどと批判している。...