銀髪の時代 「老い」を生きる

記憶にない一人外出 「孫誕生で何か変われば…」【銀髪の時代】

2017年1月22日 21:00

 【連載・銀髪の時代 「老い」を生きる】 昨年5月。約3年前から参加している認知症の家族会に出席していた糸満市の島袋弘さん(76)の携帯電話が鳴った。いつも利用している食材宅配サービスの従業員からだった。認知症の妻芳江さん(74)が、外を歩いているのを見掛けたという。

認知症の私は「記憶より記録」
大城勝史
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 158,134
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気