沖縄本島中部の産婦人科医院で、男性院長が患者の緊急帝王切開手術をしていないにもかかわらず、実施したと虚偽の内容を診療報酬明細書(レセプト)に書くようスタッフに指示し、診療報酬をだまし取った疑いがあることが複数の関係者への取材で分かった。本紙はレセプトと分娩(ぶんべん)記録を入手。分娩記録には「経膣(けいちつ)分娩」と記載されていた。院関係者は「(院長から)帝王切開で書くように、と指示があった」と証言している。

 院長は本紙の取材に...