【カイロ共同】エジプト軍は1日、シナイ半島北部で軍などがイスラム過激派の掃討作戦を実施し、過激派メンバー89人を殺害したと発表した。軍側の兵士ら8人が死亡したとしている。戦闘時期には触れていない。  過激派の自動小銃73丁を押収、自爆ベルトや爆発物、移動に使う地下トンネルなどを破壊したという。