自動車のF1シリーズ第11戦、ハンガリー・グランプリ(GP)は1日、ハンガリーのモジョロードで決勝が行われ、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は自己最高に並ぶ7位でゴールした。入賞は2戦連続で5度目。同僚のピエール・ガスリー(フランス)は6位だった。

 F1ハンガリーGPで走行する角田裕毅(手前)=モジョロード(ゲッティ=共同)

 アルピーヌ・ルノーのエステバン・オコン(フランス)がF1シリーズ初優勝を果たした。

 レッドブル・ホンダ勢はマックス・フェルスタッペン(オランダ)が10位で、セルヒオ・ペレス(メキシコ)はリタイアした。(共同通信)