文田は試合前の表情もリラックスしていて、充実した状態で臨むことができた。試合の動きを見ても相手にプレッシャーをかけ、技の展開ができていた。減量によるスタミナ面の問題もなかった。2017、19年の世界王者としての経験が蓄えられていると感じた。