競泳最終日に2個の金メダルを加え、有終の美を飾った。男子のドレセルは今大会5冠に「誇らしい。数十秒しかないレースの瞬間に完璧でなければいけない。そうなるために5年間鍛えてきた」と達成感に浸った。  50メートル自由形は得意のスタートから抜け出し、2位に0秒48差をつける五輪新記録。