【東京】岸信夫防衛相は2日、名護市辺野古の新基地建設に伴うサンゴの移植に関し、沖縄県が特別採捕許可を撤回したことを不服として、行政不服審査法に基づき、農相に取り消しを求め審査請求したと発表した。防衛省内で会見し、明らかにした。

会見する岸信夫防衛相=2日午前、防衛省

 審査請求の裁決が出るまで許可撤回の効力を止める執行停止も同時に申し立てた。効力停止が決定された場合、沖縄防衛局は移植を再開できる。

 サンゴ移植を巡っては、県が7月28日、高水温期を避けるなどの条件を付けて採捕を許可。防衛局は29日に移植を開始したが、玉城デニー知事は高水温期や台風時期を避けるとした条件が守られていないと判断し、30日、許可を撤回した。