名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄県がサンゴを移植するための特別採捕許可を撤回したことを不服として、防衛省が農林水産相に取り消しを求める審査請求したことを受け、玉城デニー知事は2日、撤回処分は「適切な対応だった」と反論した。県庁で記者団に答えた。

(資料写真)沖縄県庁


 知事は沖縄防衛局が「高水温で台風がいつ襲来してもおかしくない時期にも関わらず、移植作業を開始した」として、県の条件を守らなかったと指摘。「ただでさえ高くないサンゴの生残率を、ますます低下させる行為で、水産資源保護法の趣旨に反する」と批判した。
 防衛省が、撤回処分の前に行政手続法に基づく聴聞を実施していないため手続きは違法としていることに対し、県は早期に撤回しなければ、サンゴの移植が完了する可能性があり、緊急性があったと主張している。