沖縄県内でステーキ店を展開する5社が2日、「沖縄ステーキ」の地域ブランド構築を目指す推進協議会「COOKS(クックス)」を設立した。那覇市内で設立総会を開き、沖縄ステーキの認知度アップと消費拡大に向けた事業計画などを承認。会長には、ジャンボ・ステーキ・ハンズのステージングアップ沖縄の仲本貴博社長が就いた。

 事業計画には、沖縄ステーキのコンセプト設定やロゴマーク作成、広報活動などが盛り込まれた。デジタルクーポンの発券や、イベント開催などを通じて、沖縄ステーキの消費拡大につなげる。20社の加盟を目指す。...