第103回全国高校野球選手権大会(9日開幕・甲子園)への出場を懸けた地方大会は2日、東西の東京大会で決勝が行われ、二松学舎大付と東海大菅生が出場を決め、49代表校が出そろった。昨夏は新型コロナウイルスの影響で中止。今夏、地方大会でコロナ感染による辞退が相次いだ中、2年ぶりに開催される。