【東京】名護市辺野古の新基地建設に伴うサンゴの移植に関する県の許可撤回に対し、防衛省が農相に審査請求と執行停止を求めたことについて、野上浩太郎農相は3日の閣議後会見で、「行政不服審査法等に基づき適切に対応する」と述べた。

野上浩太郎農相

 また、判断の時期については「行政不服審査法上、審査請求に対する裁決の期限は定められていない。執行停止の申し立てについては速やかに執行停止するかどうか決定することとされている。沖縄防衛局と沖縄県知事の意見を聞いた上で適切に対応していく」と述べた。