沖縄タイムス+プラス ニュース

うるま市長選:保守陣営、現職の島袋俊夫氏に一本化

2017年1月14日 09:43

 【うるま】4月23日投開票のうるま市長選で、保守陣営の立候補者が現職の島袋俊夫氏(64)に一本化されたことが13日、分かった。出馬を表明していたうるま市議の中村正人氏(51)が立候補を取りやめ、島袋氏を支持する意向を示した。島袋氏は15日、うるま市内で会見し、政策などを発表する。中村氏は市議会与党の1人として会見に出席する予定。

島袋俊夫氏

 島袋氏は昨年の市議会9月定例会で出馬表明。与党市議の中村氏も支持を示していたが、行財政改革を掲げ、自身も今月、出馬を表明した。

 市議会の大屋政善議長を中心に保守分裂を避けたい与党市議らが、島袋氏に候補者を統一することを中村氏に打診し、一本化協議を続けていた。島袋氏は本紙取材に「保守中道で体勢を固めることができそうでほっとしている」と述べた。

連載・コラム
きょうのお天気