沖縄県警は3日、昨年から今年にかけて東村高江の米軍北部訓練場メインゲート前に米軍のものとみられる廃棄物を置いて、軍関係者の通行を妨害するなどしたとして、沖縄本島北部を中心に活動するチョウ類研究者の宮城秋乃さん(42)を威力業務妨害、廃棄物処理法違反、道交法違反の疑いで那覇地検に書類送検した。

宮城秋乃さんが米軍北部訓練場返還地で集め、イエローラインの内側に置いた米軍廃棄物=4月7日(宮城さんのブログより)

 県警は6月初旬、宮城さんの自宅や倉庫などを家宅捜索し、パソコンやビデオカメラなどを押収、捜査を進めていた。一方、司法の専門家からは「政治的表現の自由の侵害で過剰捜査」と批判が出ていた。