名護市辺野古の新基地建設で14日午前、沖縄防衛局の作業船が辺野古沖で突起物の付いたフロートを砂浜から引き出す様子が確認された。またフロートに、棒のようなものが数メートルごとに固定された。 一方、新基地建設に反対する市民らは午前7時ごろからキャンプ・シュワブゲート前に座り込み抗議行動を展開。