滝畠豊美写真展「おきなわ猫めぐり」が6~9日、那覇市松尾のあおみどりの木で開かれる。夜の国際通りでうずくまる猫、壺屋の赤瓦の屋根の上の猫、大宜味の民家の窓越しの猫、久高島の地域猫など、滝畠さんが県内各地で撮影した写真29点を展示する。

滝畠豊美写真展「おきなわ猫めぐり」で展示される「お肉ちょーだい」。那覇市の栄町市場で撮影

 沖縄の街を撮影していると「猫を狙っているわけではないけれど、猫を撮ってしまう」と笑う。「自分と猫のぎりぎりの距離感を気にしながら」さまざまな表情を捉えた。

 滝畠さんは1962年大阪府生まれ。J1徳島ヴォルティスのオフィシャルカメラマンや徳島新聞社の契約カメラマンなどを経て、2018年に沖縄に移住。現在は沖縄写真デザイン工芸学校の教員を務める。