自分の思うようにスムーズに話せない「吃音(きつおん)」がある人の自助団体「香川言友会」(事務局・高松市)がこのほど、市内にある香川大の幸町キャンパスで教育学部の学生ら約40人を対象に出前講座を開いた。教職を目指す人たちに実情を伝え、吃音がある子どもへの理解を深めてもらう目的。