大阪経済法科大学客員教授で元日本洞窟学会会長の浦田健作氏(カルスト地形学)らの研究チームがこのほど、沖縄県名護市辺野古沖の無人島「長島」の鍾乳洞で、枝サンゴや軽石の破片が鍾乳石のような形に固まった物体を発見した。世界的にも報告例がないことから、「固結礫塔(こけつれきとう)」と名付けた。国内で希少な光鍾乳石など13種類の鍾乳石も発見。辺野古新基地建設工事の影響で島周辺の環境が変わることに懸念を示している。

長島の鍾乳洞で研究チームが発見した「固結礫塔」。石灰分の水滴が枝サンゴと軽石に落ちて外側を固めている(浦田健作氏提供)

辺野古長島鍾乳洞

長島の鍾乳洞で研究チームが発見した「固結礫塔」。石灰分の水滴が枝サンゴと軽石に落ちて外側を固めている(浦田健作氏提供) 辺野古長島鍾乳洞

 浦田氏らの調査は、日本自然保護協会(東京都)の協力で2018年9~10月に3日間実施した。

 長島は辺野古崎の東方沖約800メートルにある。鍾乳洞は全長約30メートルで高さ約5メートル。洞口部、東洞、北洞に分かれている。

 このうち北洞で発見された固結礫塔は、波で打ち上げられた枝サンゴのかけらと軽石が塔のように積み上がっていることから名付けた。大小4個が発見され、最大で高さ70センチ、直径20センチ。内側は空洞になっている。

 当初、洞窟の天井から石灰分を含んだ水滴が落ち、床に蓄積した物質がたけのこ状に伸びる「石筍(せきじゅん)」とみられていた。しかし、今回の調査で積もった枝サンゴや軽石のかけらに石灰分を含んだ水が浸透し、外側を固めていることが新たに分かった。

 研究チームは、長島が鍾乳洞の誕生や形成を解明する上で学術的に高い価値を持つことを指摘。鍾乳洞を県の天然記念物などに指定し、保存と継続的調査をするよう求めている。

 浦田氏は「鍾乳洞内部は人為的な影響を受けた痕跡がない。今後、新基地工事に伴う埋め立て土砂の影響などを受ける可能性もある」と述べた。

 研究チームの論文は2日、沖縄地理学会誌の電子版で公開された。