気象庁によると4日午前9時ごろ、熱帯低気圧台風9号になった。台風は南シナ海を1時間におよそ15キロの速さで東北東へ進んでいる。中心の気圧は994ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

台風9号の経路図(気象庁HPから)

台風9号と熱帯低気圧bの位置関係(気象庁HPから)

台風9号の経路図(気象庁HPから) 台風9号と熱帯低気圧bの位置関係(気象庁HPから)

 沖縄地方では、那覇市で同日午前10時43分に最大風速11メートル、久米島町で同午前10時57分に最大風速10.5メートルを観測するなど次第に風が強まっている。

 宮古島の南にある熱帯低気圧も今後、台風に発達することが予想され、沖縄地方は週末に「ダブル台風」が接近する恐れがある。

 熱帯低気圧は次第に勢力を強めながら、今後5日の午前9時には久米島の西北西約10キロに達する見込み。同日午前9時の予測は中心の気圧994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。