沖縄気象台は4日午後5時、宮古島の東にある熱帯低気圧が今後24時間以内に台風に発達し、沖縄本島地方には5日から6日にかけて接近する見込みであると発表した。熱帯低気圧は4日午後3時現在、宮古島の東にあって、ゆっくりした速さで北東へ進んでいる。中心の気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。

熱帯低気圧の経路図(気象庁HPから)

 熱帯低気圧は今後24時間以内に台風となり、発達しながら北から北東へ進んで、5日から6日にかけて沖縄本島地方に接近する見込みで、本島地方では6日にかけて東のち南西の風が強く吹く。

 沖縄本島地方では、4日は多い所で1時間に30ミリの激しい雨、5日は多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る。気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分な注意を呼び掛けている。
 4日18時から5日18時までに予想される24時間降水量は、多い所で150ミリ。本島地方では、6日にかけて雨雲の発達の程度によっては警報級の大雨となるおそれがある。

 ▽沖縄本島地方で予想される最大風速(最大瞬間風速)
 4日 東の風  15メートル(25メートル)
 5日 南西の風 18メートル(25メートル)

 ▽予想される波の高さ
 4日 沖縄本島地方      4メートル
 5日 本島中南部、本島北部  5メートル
    久米島         4メートル