沖縄県国頭村楚洲にある民間サーキット場で、スポーツカーの部品がなくなる被害が相次ぎ、部品を盗んだとして、米軍属の子どもで、10代の少年2人が、窃盗容疑で4月上旬に書類送検されていたことが4日までに分かった。少年らは容疑を認めているという。

(資料写真)パトカー

 関係者によると、書類送検されたのは本島中部に住む米軍属の子どもで、17歳と19歳の少年。ことし1月下旬、村内のサーキット場に車で侵入し、スポーツカーの部品を盗んだ疑いがある。

 2人は那覇家庭裁判所に送致された。少年らは複数回にわたり、部品を盗んだ疑いがあるという。