沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍ヘリ、センター試験リスニング中に琉球大上空を飛行 76.7デシベル

2017年1月15日 09:48

 大学入試センター試験初日の14日午後2時すぎから5時半ごろにかけ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のオスプレイやCH53大型輸送ヘリなどの離着陸や旋回訓練が確認された。

オスプレイ

 琉球大学の渡嘉敷健准教授(環境工学・騒音)の測定では、ヘリ飛行経路に近い同大工学部屋上で午後5時25分、米軍ヘリによるとみられる76・7デシベルの騒音を記録。英語のリスニング試験中だったが、試験に影響はなかったという。

 例年、県内各大学は入試の際の飛行自粛を沖縄防衛局を通じて米軍に要請しており、それに応えた米軍側が試験時間中の大学上空飛行を避けるよう指示を出す場合もある。

 だが、今回普天間で事前にこうした指示はなされていなかった。

 渡嘉敷准教授は「最も静かにしなければならないリスニング試験中の飛行は特に問題が多い」と指摘する。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間