国の新たな「エネルギー基本計画」の修正案には、脱炭素化に向け、原発も新型炉開発などで技術革新を目指すことが盛り込まれた。