どちらに転ぶか分からない試合で、伊藤の2イニングの好投が流れを呼び込んだ。投げっぷりが良く、回をまたいでも制球も切れも良かった。  1次リーグのメキシコ戦で好投し、自信を深めて腕を振っているように見えた。表情も良く、五輪の舞台で新人が放っているとは思えないほどだ。