470級は上位10艇による最終のメダルレースで、女子の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)男子の岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組とも総合7位だった。吉田、吉岡組はメダルレースで8着、岡田、外薗組は6着。  男子はベルチャー、ライアン組(オーストラリア)が金メダルを獲得した。