▽弘前学院聖愛(青森)=8年ぶり2度目  勝負強い木村、町田の上位コンビが打線を引っ張る。投手陣はともに2年生の葛西、斎藤禅の2本柱。  ▽ノースアジア大明桜(秋田)=4年ぶり10度目  150キロ超の速球が武器の風間に注目が集まる。秋田大会では5試合で1失策と堅守も光る。