政府は5日午前、新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置の適用地域追加を、専門家らによる基本的対処方針分科会に諮問し、了承された。対象は福島、茨城、栃木、群馬、静岡、愛知、滋賀、熊本の8県で、期間は8日から31日まで。夕方開催する新型コロナ感染症対策本部会合で、菅義偉首相が正式表明する。感染力が強いとされるデルタ株による感染急拡大が地方へ波及している状況が鮮明となった。現在の北海道、京都など5道府県から13道府県に対象が拡大する。

 基本的対処方針分科会で発言する西村経済再生相。左は尾身茂会長=5日午前、東京都千代田区

 追加の8県のうち福島、茨城、栃木、静岡、滋賀は重点措置適用が初めて。適用を要請していた広島県は、諮問対象とするのを見送った。(共同通信)