農林水産省は5日、名護市辺野古の新基地建設に伴うサンゴの移植を巡り、沖縄県の特別採捕許可に対する撤回の効力を止める執行停止を決めた。防衛省は県の許可撤回を不服とし、行政不服審査法に基づき、農相に取り消しを求め審査請求と執行停止を求めていた。

名護市辺野古の新基地建設現場


 沖縄防衛局は移植を再開できるが、沖縄本島周辺は台風接近に伴い天候不良のため、再開は週明け以降になる見通し。