沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴うサンゴの移植を巡り、農林水産相が5日、特別採捕許可を撤回した県の効力を止める執行停止を決めた。県の許可撤回を不服とした沖縄防衛局の訴えを、同じ国の機関が認めるという「身内」の判断が再び繰り返された。

 地方自治体が下した処分に対し、国が異を唱えられる「裁定的関与」に関しては、県の訴えを受け全国知事会が国に関与の見直しを求めており、地方自治の観点から議論を呼びそうだ。

 防衛局の訴えは行政不服審査法に基づくもの。この手法を国は辺野古問題で繰り返してきた。...