6日午前6時45分ごろ、沖縄県北谷町宮城の海岸に「クジラが打ち上げられている」と沖縄署に通報があった。防波堤に打ち上げられたクジラはすでに死んでおり、全長約5メートル。現場を確認した北谷町役場によると種は確認中。

防波堤に打ち上げられたクジラ。全身に傷がみられた=6日午前10時ごろ、北谷町宮城

防波堤に打ち上げられたクジラ。全身に傷がみられた=6日午前10時ごろ、北谷町宮城

防波堤に打ち上げられたクジラ。全身に傷がみられた=6日午前10時ごろ、北谷町宮城 防波堤に打ち上げられたクジラ。全身に傷がみられた=6日午前10時ごろ、北谷町宮城

 クジラは全身に傷がみられた。町職員が周辺に土嚢を積み、クジラにブルーシートをかけるなどして保存作業に追われていた。回収はこれから関係機関と調整するという。

 町によると、1年ほど前には町砂辺の海岸にイルカの死骸が打ち上げられたことはあったという。町職員は「宮城海岸では聞いたことも見たこともない、初めてだ」と驚いた。

 町が漁協関係者に聞き取りしたところ、台風のしけでクジラが浅瀬に迷い込み、その後引き潮となって沖へ戻れなくなったのではと話していたという。