「自立生活という言葉を初めて知った時、新しい言語を聞いたような感覚でした。当時は地域で生活するという発想がなく一生病院の中で過ごす事しか考えられず」-。