6日午前6時45分ごろ、北谷町の宮城海岸で「クジラが打ち上げられている」と沖縄署に通報があった。防波堤に打ち上げられたクジラはすでに死んでいた。確認した沖縄美ら島財団によると、発見されたのは世界的に珍しい鯨類「タイヘイヨウアカボウモドキ」。国内で5例目の発見という。

 クジラは体長約5メートル、体重は1・4トン。性別は判明していない。財団によると死後2~3日ほど経過しているとみられ、沖合で何らかの原因で死に、打ち上げられた可能性がある。

 タイヘイヨウアカボウモドキは...