沖縄タイムス+プラス ニュース

「沖縄県民に勇気と希望与えた」 喜友名・屋比久に県民栄誉賞の授与を検討へ

2021年8月7日 10:43

 沖縄県は東京五輪の空手形で県内初の金メダルを獲得した喜友名諒選手(31)と、レスリンググレコローマンスタイル77キロ級で銅メダルを取った屋比久翔平選手(26)に県民栄誉賞の授与を検討する。県三役や部長級でつくる選考委員会で議論し、本格調整に入る見通しだ。

喜友名諒(左)と屋比久翔平

 玉城デニー知事は周囲に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中「五輪での活躍は県民に勇気と希望を与えてくれた」と前向きな姿勢を示しているという。「名誉県民」の授与を検討する声もある。

 県民栄誉賞は運動や文化、学術などの分野で顕著な功績を収めた県民を表彰する制度。1999年、沖縄尚学高校野球部が第71回選抜高校野球大会で県勢初優勝したときに創設された。2008年に北京パラリンピックの陸上男子マラソンで銀メダルを受賞した上与那原寛和選手ら6人・団体へ授与。10年には元プロゴルファーの宮里藍さん、18年に歌手の安室奈美恵さんが受賞した。

喜友名諒のこれまでの歩みを特設サイトで紹介中 形の解説動画も

「喜友名諒 頂への道」

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。