沖縄タイムス+プラス ニュース

日米地位協定の軍属範囲 岸田・ケネディ補足協定に合意

2017年1月16日 15:16

 【東京】元米海兵隊員で軍属による暴行殺害事件を受け、日米両政府は日米地位協定上の軍属の範囲を明確化するための補足協定を結ぶことで合意した。岸田文雄外相とケネディ駐日米大使が16日、東京都の飯倉公館で署名した。

 補足協定では、技術アドバイザーやコンサルタントとして軍と契約した業者の従業員のうち、①高等教育を通じて技能を取得②米国政府のセキュリティークリアランスを保持③米国政府の省庁などが発効する資格の保持④緊急事態に専門的な任務を行うため91日未満の滞在⑤日米合同委の定めた場合―の5点のうち一つでも満たした人が軍属の地位を得る。

 協定は即日発効する。しかし、従業員が契約を更新する時に、基準を満たしているか審査を受けるため、すぐに一般外国人となるわけではないという。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS