気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が9日公表した報告書は、世界で発生している熱波や大雨、干ばつなどの異常気象は、人間の活動が影響していると分析し、地球温暖化の進行でこうした災害は拡大すると警告した。