県教職員組合(沖教組、山本隆司委員長)は17日、教員の多忙化や教育現場の過度な競争の要因になっているとして、小中学校で実施されている「ウェブテスト」を強制しないよう求める署名4695人分を県教育委員会に提出した。受け取った県教育庁義務教育課の石川聡課長は「運用で食い違いがある。