地球温暖化は日本の安全保障にも影響を与えるとして、防衛省が7月に環境問題や気候変動対策に取り組む「環境政策課」を新設し、安保との関係について調査・研究を本格化させている。