2003年度に沖縄県内で先駆けて民泊事業に取り組んだ伊江村。村商工観光課によると、15年度は本土の中高生を中心に約330校、過去最高の5万人余りが島を訪れた。16年度は微減の見通しという。