玉城千春さんが夢をかなえてきた自身のストーリーを、歌を織り交ぜながら紹介する特別授業には企画の趣旨に賛同した36の企業・法人が「未来づくりパートナー」として協賛している。未来づくりパートナーの活動を紹介していく。

TISの社会保険労務士・西里まどかさんが講師を務めたワークショップ=4月9日、那覇市・県総合福祉センター

働きがいの創出に注力

社会保険労務士法人TIS(浦添市、玉城巖代表)

 「中小企業にもできるSDGs」をテーマに、SDGsの認知度を高める取り組みを行う。その一つとして「働きがいの創出」に注力した組織開発コンサルタントを実施。顧問先の法人などを対象に、組織力向上や働きやすい職場環境づくりを目指すワークショップ講座を開催する。

 「働きがいがある」とは、個人の目標と会社の目標がつながり、働くことが自己実現の手段になること。2019年度に県の「おきなわSDGsパートナー」に登録。まずは自社から率先して取り組み、成功事例を伝えることを大切にしている。