玉城千春さんが夢をかなえてきた自身のストーリーを、歌を織り交ぜながら紹介する特別授業には企画の趣旨に賛同した36の企業・法人が「未来づくりパートナー」として協賛している。未来づくりパートナーの活動を紹介していく。

「沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる」の漫画家、空えぐみさんとのコラボ漫画をPRする職員の山城美鈴さん=13日、那覇市・照屋漆器店本店

琉球位牌の製造続ける

照屋漆器店(那覇市、照屋林山社長)

 明治元年創業の照屋漆器店は、沖縄県民のアイデンティティーにつながる琉球位牌(いはい)の製造を続ける。伝統工芸品としての価値を高め、守ってきた。「沖縄の文化・伝統の創造と継承」を理念に掲げ、SDGs活動を展開する。

 重点的なターゲットは(1)世界の文化遺産および自然遺産の保護・保全の努力を強化する(2)文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育-だ。

 今年から、若い世代を対象とした沖縄文化教育のため、10~20代に人気の漫画家とのコラボを実現。自社ホームページやSNSを通して発信中だ。