住友商事は17日、主に発電用燃料に使う「一般炭」を生産するオーストラリアの「ロレストン炭鉱」から撤退すると発表した。二酸化炭素(CO2)の排出量が多い石炭火力発電などに、投資家らから厳しい目を向けられており、炭鉱の権益を縮小する。