銀髪の時代 「老い」を生きる

施設で装う朝の「乾杯」 自宅と思い妻と過ごす【銀髪の時代】

2017年1月30日 07:00

【連載・銀髪の時代 「老い」を生きる】 「おかえり葉子さん。乾杯しようか」 金城正次郎さん(84)の瞳が、妻の葉子さん(80)をとらえた。正次郎さんは黒砂糖入り、葉子さんはブラックコーヒーで「乾杯」するのが夫婦の朝の習慣だ。 「正次郎さん、温めてくるから少し待っていて下さいね」。

認知症の私は「記憶より記録」
大城勝史
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 158,134
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気