沖縄県の離島・粟国村は8月から「広報あぐに」の1面で、ハブの発見数(捕獲数)情報の掲載を始めた。なぜ目立つ1面で、ハブ情報というどちらかといえばネガティブな数字を載せることになったのか。これまで「ハブのいない島」として暮らしてきた島の人々に話を聞いた。