那覇市の照屋恒(ひさし)さん(81)は、一緒に対馬丸へ乗船した母と姉を亡くし一人、生き残った。コロナ禍で一般参列が中止となる中で「遺族の代表という気持ちを胸に焼香した」。