琉球大学は18日、かごしま水族館との共同研究で、新種のスナギンチャク類「カナボウヤギスナギンチャク(和名)」を発見したと発表した。学術誌で論文を公開している。鹿児島県の大島海峡と沖縄の大浦湾の水深30~40メートル付近のみで見つかっているという。