銀髪の時代 「老い」を生きる

夫との同居、厳しい現実 家を離れて年金暮らし【銀髪の時代】

2017年1月31日 07:00

【連載・銀髪の時代 「老い」を生きる】 右手に夫の愛用していたつえ、左手にはトートバッグを二つ持ち、身長140センチ、体重33キロの体でバランスを取りながら歩を踏みしめる。 金城正次郎さん(84)の入所する介護老人保健施設まで片道22分。

 
認知症の私は「記憶より記録」
大城勝史
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 158,134
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気