スポーツ庁が昨年12月に公表した2016年度の全国体力テストの質問紙調査で、沖縄は対象となった小学5年生の男女共に、普段徒歩で登校する割合が全国で最も低かった。一方で、自家用車や路線バスで通学する、と答えた児童の割合は全国一高く、保護者らによる送迎が多い実情が浮かんだ。