沖縄県うるま市伊計島の米軍ヘリ不時着現場で、日本側が規制責任を負う区域での報道陣の取材を巡り、米軍側が難色を示していたことが21日、分かった。 不時着した20日夜、県警が張った外周規制線は、機体から最も近い場所でも約100メートル離れていた。