浦添市安波茶(沖縄県)の「あじさい公園」のそばにある桜並木を守りたいと、あじさい公園愛護会と大平自治会が17日、市内外から集まった署名3386筆を松本哲治浦添市長に提出した。市の区画整理事業で約50本の桜のうち14本の撤去が計画されている。愛護会の大城幸男会長は「都市地区には数少ない憩いの場。計画を見直してほしい」と訴えた。

 桜並木は小湾川の中流沿いにある。あじさい公園の対岸に2002年に植樹され花を咲かせるようになった。開花する1月末から2月中旬には市内外から見物客が訪れる。

 愛護会は02年に発足し、公園や川の周辺に花を植えるなど緑化・美化活動を行ってきた。大平自治会も鉄骨の小屋を設置しチョウを飼育するなど住民は周辺整備に汗を流してきた。署名簿に添えた理由書は...